読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ま、こんなもんでしょ blog

世の中とプロレスごっこがしたい40代

コタク・ジャパン追悼 俺の寄稿記事セルフ20選(後半)

というわけで、後半戦。 前半はこちら

その前に、ひとつ自分が書いた記事ではないけど、印象に残っている記事があるのでご紹介します。

www.kotaku.jp

2013年のコタク・ジャパンのスタッフ、ライターにその年に発表されたゲームのベスト10を発表するという企画で、私はセガ3D復刻のDLソフト9本(しかも1本は前年発売)を推したところ、編集からもOKがでて掲載されました。掲載後、セガ同シリーズのプロデューサー奥成氏より以下のツイートを頂きあせる私。

 

 

 とリプ返したら、取材来てくれたら次回作も見せるよーとコメントもらったのでしたが取材は実現せず。上京の予定でもあったらそれに引っ掛けたのだけど、さすがに単独で愛媛から取材に行くわけにもいかなかったのが残念でありました。

 

と、番外編はここまでで、早速続きのベスト10いってみましょう!

 

第10位

www.kotaku.jp

横井さんのデスクマジ欲しかった…でも置く場所ないよなー自宅。でも欲しかったw

 

第9位

www.kotaku.jp

これはいま見てもスゲーってなる。特に社長登場の時のバジャーーン! ってノイズがもう最高なわけです。こういうの作る人凄いよね。

 

第8位

www.kotaku.jp

OBSLiveで知った小ネタを記事化。慶野さんも昔はあまりメディアに出てこない人だったのに、こうやって出てきて当時のお話をしてくれるようになったのも印象的でした。私の尊敬するゲームライター、故・成澤大輔氏も、この記事を見て以下のツイートをされていました。

 

 

 

成澤さんの慶野さんインタビュー記事、読みたかったです。

 

第7位 

www.kotaku.jp

クラウドファンディングを行う前から注目していて、当然支援して映画も観ました。とても丁寧に取材していて、観ていない人は是非観て欲しい映画です。クレジットに名前載っているのがおもったよりうれしくて、クラウドファンディングにちょっとハマるきっかけにもなった作品。

 

第6位

www.kotaku.jp

コタク・ジャパンのラブプラス番はワイや!(二度目)。というわけで、この時期『ラブプラス』は現実という名言までカレシ内から出てくるほどカルトな人気を誇ったゲーム。対応ハードが携帯機という特徴を生かし、屋外の過酷な環境でプレイをするエクストリームラブプラスを行うカレシも登場。取材対象のもみじ真魚さんはとっても人間力の強い漫画家さんで、自らネタを作って漫画にも落としこむというこのセンスと生き方が素敵な方でした。

 

第5位

www.kotaku.jp

超タイアップ記事っぽいのですがw 私がエロゲ業界にいて、業界自体がイケイケドンドンだった2000年前後の作品がまとまっていた冊子だもんだから、ノリノリで記事を書いた1本。この後の続編が発売されるとき、記事書いてーと編集さんから指名されたのはライターとして嬉しかった出来事でもあります。

 

第4位

www.kotaku.jp

初めてバズったと実感した記事。TwitterのTL経由で知ったネタで軽く書いただけだったのに、バズったのでこういうんがバズるんやねぇ~とその後はしばらく官公庁オークションをウォッチングする日々が続きました(それじゃないw)。

 

第3位

www.kotaku.jp

こちらもツイートからネタをキャッチ。故・大川功氏&ビル・ゲイツのツーショットなどインパクトのあるネタでした。情報自体は以下のマイクロソフトの蹉跌に

www.amazon.co.jp

アスキーの西氏を介してセガマイクロソフトの提携(というマイクロソフトセガを買収つか…)の話が進行して破談になったことが記述されていたのだけど、この写真やサム古川氏のツイートは記事にしておきたかった。出だしの

"Xboxってなんだかセガのハードっぽくない?"

という私からの問いかけにネット民からは"一緒にするな!"とお叱りを受けて世間とのズレを感じたのも良い思い出。

 

第2位

www.kotaku.jp

まさか私が初音ミクを推す記事を書く時が来るとは! というぐらいこの時は「Tell Your World」にハマった。いま見てもいい曲いいPV!

 

第1位

www.kotaku.jp

第1位はこちらの変態さんいらっしゃいコラム! 『ぎゃる☆がん』はホント脳みそ溶ける面白さだった。製作者の発想からして狂っているんだけど、この狂った世界をレールガンシューティングに落とし込んだ開発陣はアッパレでありました。

記事公開後、間近に控えたPS3版ソフト宣伝の意味合いもあったのでしょうが、アルケミストの浦野氏から以下のツイートを貰って、自分の思いはやっぱり外に出してナンボだなと嬉しかったことを覚えています。

 

以上、私のセルフベスト、俺コタク・ジャパン寄稿記事でした。

おしまい。